ホーム>Dr.萬貴メッセンジャーブログ>潜在意識>エミールと潜在意識(潜在意識⑧)
  • ホーム
  • ホリスティックバイブレーション・メディスンとは?
  • サロン案内
  • ブログ
潜在意識

エミールと潜在意識(潜在意識⑧)

ピンクと白と・・花.JPG
自己暗示法の創始者エミール・クーエ(1857~1926年)は、潜在意識を下記のように説明しています。

【潜在意識は、何物も逃さない超敏感な感光板です。どんなささいな思いも行いも、ことごとく記録します。それ以上に想像と霊感の源であり、発想を生み、意識的な行動に具体化する不思議な力があります。喜怒哀楽、病、願望、ありとあらゆる感情の出所が潜在意識にあるとすれば、心の中に生まれるどんな思いも実現する傾向があると論理的に結論できます。】
 
潜在意識の説明において、これほどまでに当を得ている文章に出会ったことはありません。
例えば【超敏感な感光板】【ことごとく記録する】【想像の場】【霊感の源】【喜怒哀楽、病、願望の出所】【どんな思いも実現する】
このひとつひとつの言葉の奥にある真実、実践者でなくては言えない含蓄の深い文章だと感動致しました。

2014年と言う今、この暗示法は、イメージ療法としても引き寄せのビジョン化としても、いろいろな形で繋がり、私たちの心の解放に豊かさにと役だっています。
サイコセラピストとして心と向き合った15年間。彼のこの言葉の含蓄の深さに今だからこそ気付かせていただいたものと感謝しております。皆さまの心の健康にお役にたちますように。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.i-quest.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/71

ページの先頭へ