ホーム>Dr.萬貴メッセンジャーブログ>2014年6月
  • ホーム
  • ホリスティックバイブレーション・メディスンとは?
  • 魂が求める人生コーチって?
  • サロン案内
  • ブログ

2014年6月

夏越の祓(なごしのはらえ)

30日に夏越のはらえに参加させていただきました。人形に氏名を書いて神前にて払っていただきありがとうございます。茅野輪くぐりは今日まであります。明日から本格的に2014年の下半期が始まります。

 茅の輪.jpg

雨季特有の雨だけでなく、氷も降る珍しい6月でした。そうした地域の方々は大変だったこととお見舞い申し上げます。

まもなく2014年の上半期が終わりに近づいてきました。6月30日はその上半期の日々の穢れを払う大払いとして各地の神社では夏越の祓(なごしのはらえ)が写真(大宮氷川神社)のように行われるようです。

別名茅の輪くぐりとも呼ばれて親しまれてています。
この時期に神社参拝するたびに<夏の一番の風物詩だわ>と涼やかな気になってまいります。ありがとうございます。
30日の午後2時よりの払いの式がとても楽しみです。

CF

701年(大宝元年)の大宝律令によって正式な宮中年中行事に定められ、この日には、朱雀門前の広場に親王大臣(おおおみ)ほか(みやこ)にいる官僚が集って大祓詞を読み上げ、国民の罪や穢れを祓ったのが始まりのようです。

応仁の乱の頃から行われなくなったが、江戸時代1691年元禄4年))に再開され、次第に広まったとされています。

 

 

結婚の赤い糸の援助は誰が・・・

結婚式.jpg
<6月の花嫁>はジューンブライドと呼ばれ、この月に結婚すると幸せになれるという事から今では結構6月の結婚式が人気なのでしょうか。
ジューンブライドの最も一般的な説は、ローマ神話に出てくる女神ジュノーの月が6月だからというもののようですが、この時期の欧米は通常より晴天続きであることも関係していたようです。それに反して日本の6月は雨期。文化や気候の違いの表れで以前は6月に結婚式をすることは少なく、多分結婚式場は一番空いていたことでしょう。
 
ところで、日本の【結婚】には、今でも○○家という表示を式場で良く見かけます。
この仕事をするまでは,【カップル個人の名前でもいいのでは?】・・・なあんて私は考えていたものでした。ところが、あるクライアント様《私との出会いのきかっけはうつ病でした》。そのお嬢さんの欝がよくなってからは、結婚のことや就職の相談に見えておられました。
この方が久しぶりにお見えになった時、結婚しますという朗報がもたらされ感激いたしましたが、その時。彼女の報告と合わせて相手方の先祖の守護霊がおでましになって
「以前にこの娘さんの御父上にお世話になったことがありまして、今度は私どもがこの娘さんを○○家のお嫁にさせていただく所存で口添え致しました」とおっしゃるのではありませんか!

それから、私は結婚の縁もまた、先祖も含めたおおいなる世界と繋がっていることを知りました。これがいわゆるグループソウルというエネルギー波動の世界を知る始まりになったのでした。見えない世界とこの現生、実証界と想念界の繋がりは世界の見方を変えてくれました。

本日のこの紙面をとおしての出会いに感謝いたします。ありがとうございます。
 
 
 

 

子供を叱る?怒る?どっちかな。

海岸の親子.jpg
子供を叱りにくくなった学校という話をニュースキャスターが昨日の朝方に話していたのを思いだしました。
叱ると怒る(おこる)の違いはどこにあるのでしょうか。
先生も親ごさんもこの違いを認識するのが大事だと私は思っています。
 
【怒る】は、自分の感情に支配された言語です。
【これをしてはいけない!あれをしてはいけない!そんなことだから・・・・駄目なんだ!】自分の感情にまかせて子供に言い放つことです。そしてしまいには怒りの感情に支配されて手をあげてしまうことです。ここにあるのは怒りの波動です。相手を怒りの波動に巻き込むだけですから、いろいろな騒動が起きてくるのは当然の結果なのです。
 
【叱る】の根底には【子供の未来のことを考えた愛情】があります。
ですから怒りの感情に支配されません。やさしく諭すように話すこともできます。この時の波動は愛という光の波動なのです。仮に子供がきく耳をかさず、手を上げざるを得なかったときでも・・・愛の波動は伝わっているのです。この心のもつ愛の波動は必ず通じる時がやってきます。

心が何で支配されての出来事なのか!ここが、躾の見極め、一番大切な事です。
つまり【相手への愛の思いなのか、自分の怒り優先なのか】
親や先生が抱くこの心の違いが、子供の教育の未来のカギを握っていると言えます。
 
たくさんのお母様方がこの基本に立ち返り、様々な症例は癒えていっております。
モンスターペアレンツやテイチャーからはモンスターしか生まれません。心に愛の光を いつも願っています。
 

天の気に、龍にありがとうございます

龍の雲のサムネイル画像
天候と龍(この写真は鳥取砂丘から撮影しました。尾の方も別写真で撮影してあります)には大いなる関係があるようです。
今日から関東は梅雨に入りました。川越も朝から時々小雨模様です。

私は、柏葉アジサイ(赤いリボンをつけて玄関に飾るのを2年間ほど続けています。この件は後日に)を探しにあちこちと出かけたのですが、あいにく見つからず諦めて買い物して帰路することにしました。
生協に近づく頃には更に雨音が激しくなってきたので、さて傘あったかしら?と話しているうちに生協の駐車場に到着です。

ですが、ドアをあける寸前にピタッと雨は止み、傘いらずでのお買い物が・・・。買い物済ませて車に乗り込んだら、それを待ってくれていたかのようにすかさず雨が降り始めたのです。家に到着すると、また雨は止んで濡れることなく家の中へ。

私は何度となくこういう体験をさせていただいているのですが、ここまでぴたっとなったのは・・・・何年ぶりでしょうか!
ようやく家系のカルマの喪が本当にあけたのだという実感をいたしました。
 
雨が降っても晴れても土砂降りでも一切天候にたいしてネガテブにならないこと・・・天気は天(宇宙・神)の気だから・・・ということを時々お聞きしますが、まさしくそうですね。今日もありがとうございます。

 

 

天空のポピーに会いに行ってきました

天空のポピー.JPG

土曜日に秩父の天空のポピーが放映されました。
群れなすポピーの美しさを想像すると
居ても立ってもいられず、
秩父に車を走らせてしまいました。
到着は夕方4時過ぎ。開園は5時までとのこと。
間に合った!

夕方の逆光の中での一枚です。

ミツバチさんと・・.JPG

ミツバチさんのお出迎え。良いタイミングでパチリと。
山の気は命の気
心も体もリフレッシュ
とても幸せな瞬間で~す。

 

※ 赤いポピーRed Poppyの花言葉「慰め」「感謝」
※西洋での花言葉は 
「consolation(慰め)」  「pleasure(喜び)」

白いポピー(White Poppy)の花言葉  
「眠り」「忘却」
 

 

生きているよ ありがとう

アッラー.bmp
2014年6月1日に こんにちは!

夏、夏、夏
太陽はギラギラと輝きだす夏
春先に土から芽を出してにょきにょきと天を仰いで伸びてきた木々や草々も水が恋しい
 
庭の水まき 爽やかな水の気が玄関に 家に 流れこみ  運気をあげて黄金のきらめきを放つ
 
今朝もありがとう 生きているよ ありがとう 今もありがとう。 暑さをかんじることはいきていること ありがとう

 

ページの先頭へ