ホーム>Dr.萬貴メッセンジャーブログ>2014年8月
  • ホーム
  • ホリスティックバイブレーション・メディスンとは?
  • 魂が求める人生コーチって?
  • サロン案内
  • ブログ

2014年8月

久々のヒーリング

左脳と右脳.png
ヒーリングを久々にさせていただきました。
クライアント様は左脳が痛くなり、物事を考えられない所まで追い込まれた状態て来所されました。<頑張らねばならない、我慢せねばならない>だけの半生だったようでした。

彼はイラストレーターだったのですが、中々思うように収入が上がらず、もうこの仕事はだめかも・・・、他の仕事に就こうかと、ふっと肩の力を抜いた途端に上記の症状がでたのです。
もちろん、最初に訪れたのはお医者さんです。お医者さんの脳内画像には何の異変も映りませんから<異常はありません。お疲れのためですね。>という診断でお薬を頂きましたが、一考にこの症状は治まらず、うつのような状況になって当方に来られました。

彼の脳を透視すると脳梁(お借りしたこの’画像では橋の部分)と左脳が酷使から疲弊しており、伝達ホルモンも機能していないような、まさしくか細い神経のままお休み状態に見えました。
左脳の疲弊により脳梁をとおして右脳と行うべき情報の連携がなされなくなってしまっていたのでした。そのことをお話しさせていただくと、無意識の我慢は幼い頃からの家族、特に父との関係にさかのぼらざるを得ませんでした。

まず、左脳に命の光レンインボーヒーリングをさせていただきました。そして脳に脳梁を繋げる意識を伝えながら、そこを活性化しながらのヒーリングを致しました。彼は、<頭が楽です。なんだか蘇ったような感じです。今日はよく眠れそうです>と喜ばれてお帰りになられました。
 
ところで、脳梁の橋は男性は2本、女性は4本かかっているそうです。女性の感性、直感力はこんな所からもうなずけます。
 

 

天からのメッセージは朝方の夢に・・・

青いばらとユリ.bmp
青いばらは最近こそみかけますが、青い色にするのが難しく中々この世にもたらされなかったようで奇跡のばらとも言われているようです。
まるで夢のようなお話です。
 
夢のお話。
毎日瞑想を家族で行うようになって久しい今日この頃です。
3カ月ほど前から朝方の夢、あるいは朝方の気付きをノートに書くようになりました。
 
一日だけでは何のことやら??であったとしても、書き綴るうちにどう進化しているのか、内なる所での道筋とは何か見えてくるものがあります。
朝方は脳波アルフアルフアになっており、心も安らいでリフレッシュしていますので、天界・スピリチュアルマスター、ハイアーセルフやご先祖様が天界からメッセージを送るのに良い時間帯のようです。
 
以前に次のステージに行くための準備中というお話をさせていただいたことがありますが、それが何のためで、どういう方向なのか、日々の進化のメッセージの中で、何のために生れたのか、最後の大命にどう向かうのか、かなりの全貌が今現れつつあります。それは、私たち家族3人で行うための使命であって、まさしく正△になるため、調和に向かうための日々が奇跡の連続です。
神仏、また、その御使いとしての天使の光の様に感謝の日々です。更にそれが明確になったら、この体験も皆さまのお役に立てるものと思って楽しみにしております。
 
皆さまも枕元にノートを!
 

 

生命と波動の身近なお話

ベンジャミン.JPG
植物は波動をキャッチするという体験のお話②です。
これはカウンセリングルームの廊下の窓際におかれたベンジャミンです。購入して約15年、カウンセリングルームの波動をあげてくれています。
ところで、彼は以前は彼女との二本組でした。彼らの居場所はカウンセリングルームでした。3年も経つとカウンセリングルームの天井を突き抜けんばかりに葉が豊かになりました。
カウンセリングをしながら彼らを見るたびに<葉をきらなくちゃ・・・>と思い続けていたのですが、忙しさにかまけて葉を切ってあげることができませんでした。それから3カ月くらいしたでしょうか。すると彼女の方が枯れだしたのです。
とってもとっても私は悪かった。。。とわびました!
でも枯れる方向は止まりそうにないのです。
それで
それでお詫びと同時にお願いし、二本をまきつけて一本にして命を留めることにしました。右の方の幹をご覧ください。そのまま伸びてくれているのがわかりますか。写真には映り込めていませんが、上の方はたくさんの葉で覆われています。二股に枝分かれしている左の方をご覧ください。これが彼の本当の姿の幹です。
 
その後は枝を切る必要が出た時に<枝が伸びてきたので切っていい?どの枝を切るといいかな?>と声をかけ、許可してくれた枝をきるようにしています。彼らは私とともにこの15年過ごしてくれた大切な友であり、地球の仲間です。
 
追加のお話
左の木は椿です。3年前のことです。ビルのメンテナンスがあり、ビル中の廊下が壁を塗るための薬剤で一週間ほど覆われた時期がありました。鼻を突き抜ける臭いに私たちは避難しましたが、彼女は避難できませんでした。後でそれに気付き、中に入れてあげたのですが、やはり傷が残り枯れ始めたのです。いろいろ手当をしてあげて昨年一つ花をつけてくれるまで回復しました。)

 

命あるもの全ては心の波動で影響しあっている

生き物は全て特定の周波数をもち、また、他の生き物の周波数の影響を受けて生活しています。私が心理学を習った昔、その頃の実験で良く紹介されていたのはサボテンでした。(命と波動のお話①)

下記は米国のバクスターという会社の実験結果です。植物は何も語りませんが、人間の波動の影響を受けている姿を如実に現わしています。
もし、これが家族間の心と考えてみてください。お互いに影響しあっている事は想像できると思います。ここに家族療法の意味があるのです。


わかりやすく説明しますと、同じ家に2つの異なる波動(これはある意味あたり前なのですが)が存在すると高い波動は下がり、低い波動はあがっていくのです。これは避けられない事実です。
長い間無意識下で行われていると高い波動の方はそのエネルギーを奪われ、身体にイライラなどの悪影響が出てきます。また、低い波動の方は奪う相手の波動が不足してくるので、益々落ち込み、逃げ場がなくなり、つまり心が病んでいくのです。高い波動の方は低い波動から離れればいいのですが、家族となるとそうはいきません。その低い波動がお子様だったら尚の事ですね。
私の行う家族療法は、こうした場合、お越し下さるクライアント様、主に母親が多いので、母親の波動をもとに戻し、そして高め、その高い波動をもってお子様に影響を及ぼすようにして行って成果を高めています。
ですから決して霊的不思議現象ではなく、心という見えない世界とはいえ、科学的に成り立つ分野で家族の再生が行われているのです。

 植物実験.bmp

大天使ウリエルとともに

ウリエル.jpg
お盆も終わり、本日は17日です。本日は大天使ウリエルのご紹介です。

ウリエルという名前には、「神の光」「神は光」「神の火」「神の炎」という意味が込められているようです.
大天使ウリエルは、その真実の炎や光で問題の状況や状態を照らし出し、予言や警告を与えるという役割を担っています。
ミルトン著の『失楽園』では、天におけるすべての天体の運行、気象、自然現象、季節を司る大天使だとされています。キーワードは奉仕、献身、救済、錬金術、バランス、分かち合い、あらゆる問題の解決、精神的価値の理解、天候、文章を書くこと。オーラカラーは紫、スカイブルー、銀色、白色とのこと。
 
上記のことでお困りの時には、大天使ウリエルの名を呼び、用件を依頼すると必ず手助けになってくださいます。

私ごとになりますが、私が今生まだ、こういう仕事に携わっていない頃も守護していだいていたようなのです。どうやらアトランテスの頃からの幼なじみのようによくご一緒させていただいていたようなのです。私の場合はとりわけ、ハイアーセルフと繋がり、天眼にも関係していたようです。
今生、今日までを振り返ると、何故だか自然現象の守護が多かったこと、これはNPOの活動にご一緒させていただいた皆様が共に体験なさっておられます。
私のオーラーカラーは限りなく白色に近いスカイブルーと言われていたこと。私は奉仕、献身好きで文章を書くこと大好き、言ったことが結果予言になってしまっていた事などなど。
今生の古き殻を脱ぎ捨て、次のステージに向かうために今ここで表明させていただいております。ありがとうございます。
 
これからも地球は益々温暖化となり、、自然現象の変動があるようです。地球への愛のためにも様々な活動の拠点の一つになればと願い、その準備にかかれます事を天に祈ります。
 

 

 

ご先祖様に感謝の意を伝える盆迎え

ハス2.JPG
お盆になり皆さまご先祖様をお迎えに行かれることでしょう。
ところで、こんな話を思いだしました。小学4年生の女の子です。彼女は最近学習に身が入らず、お母様が困り果てて<どうしたのでしょうか>と依頼に来られました。お嬢様にお話をお伺いしながら、透視すると御側にお祖父様(ある事件に巻き込まれ他界なさった方)がおられます。お孫さんの事を気になさっておられたのです。そのお嬢様にはお祖父さまのお姿が見えるらしく、外で遊ぶ時にも勉強中でもわきにおられ、そちらの話に彼女は耳を傾けてしまっていたのでした。
そこで、天国との文通をおじい様にお願いし、傍から離れていただきました。
それから一カ月後、そのお嬢様とのセッションでの事
【あのね、おじいちゃんは天国でも工場で(工場の社長さんでした)仕事しているよ。お家にはおばあちゃん(おじいちゃんのお母さんの事)もいて楽しく暮らしているよ。】と彼女が教えてくれました。彼女にはその様が見えるらしいのです。
それからまた、彼女は勉学に励むことができるようになり、私立中学へ進学していきました。もう、10年くらい前のお話です。
 
お盆はご先祖様にとってはとても待ち遠しい行事のようです。
私事になりますが、今までは実家でお盆迎えをしておりましたが、、弟も亡くなり3年前から我が家でお盆迎えをするようになりました。街中の家ですので田舎のように盆棚をこしらえる訳には参りませんので、小机を出し思いつくものでお迎えさせていただきました。お迎えする形ではなく心が大切なのだということを実感したのは、それを待ってくださっておられたようで、御盆の初日の夜にはわいわいと賑やかな楽しい酒盛りの光景が見えてきたのでした。
 
ところで皆さま、ご先祖様には願い事を優先なさっておられませんか?時には他界してすぐというのに願い事をなされる方もおられようで、そういう場合大抵はご先祖様がおろおろなされている様が見えてきます。
ご先祖様には願い事より感謝が大切です。また、私たちが皆安心して健康で暮らせていることのご報告が大切です。こちらからの感謝の波動は、あちらの世界にとっては何よりのプレゼントになります。その結果あちらの世界は益々元気で幸せになります。それはお返しとなって、こちらに戻ってきます。
日々の安寧と感謝の意を伝える盆迎えを!

 

バラの花にハートを癒してもらおう

ピンクのバラの花.JPG
昔から花の妖精からのメッセージを良く聞いていました。朝お水をあげながら・・・。草むしりや枯れた葉や花を選定しながら、会話して。それが腰を痛めてから草をとることもできずにいました。『ごめんね・・・・』
腰が完治したので、せっかくの夏休みです。朝早く起きて草むしりをすることを報告しました(^^)
 
ピンクのバラは優しい愛の花。ハートの疲れを慰め、悲しみを癒してくれる花。
もし家に咲いていたら、そとハートにあてて
<ありがとう。私のハートを癒してくれてありがとう>と言ってみてください。

誰でも一日忙しい日々を送るとハートのエネルギーはストレスで色がくすんできます。
それを癒してくれるのもバラの花。
 
心をオープンに
そう思うだけでハートは開きだします。まるでこのバラの花のように。。。。
バラの花に癒しの願いを。

遊びと休息と業務のバランス

光りの階段.JPG
夏の暑さに身体が慣れてきた頃でしょうか。時々夜もしのぎ安さを感じます。
 
<皆さまおはようございます>
朝方緑をとおして入ってくる命の光のきらめきに感謝の一日が始まります。
《おはようございます。今日も生かしていただきありがとうございます。素晴らしい朝の目覚めに感謝いたします》と太陽に合掌して一日が始まります。
 
日々の生活の中で、また業務の中で身体の全面のクリーニングがどなたでも必要になってきます。
一歩一歩と光の階段を上るには尚の事。
 
私自身の事で言えば
最初は身体の後部のバイブレーションの響きを楽しんでいましたが、
最近は前側のバイブレーションが高まり、休息した方が更にバイブレーションの高まりが早いと判断いたしました。
 
誰でも遊びと休息が力をくれます。
そこで、私は今生始めてとも言える大型連休を取る事に致しました。

何度も何度も天使がそれを囁いてくれていたのですが、中々大型連休は今まで無理でした。
しかし、今、次のステージへと羽ばたくためにどうしても必要な事だと大天使ラジエルが囁きます。
そして天使の皆さまがしっかりとそれを補佐してくれたようで連休が取れるように仕組んでくださいました。

本日8月7日から11日まで休息します。12日のみ業務につきますが、実際はお盆後18日からの業務となります。
 
その間にも気付きがありましたらブログは書く予定です。
 
皆さま良き夏休みをお過ごしくださいませ。今日もありがとうございます。
 
 

 

命の賛歌合唱団

ひまわり畑.jpg

8月1日。夏も本番ですね。暑さの中でにこにこほほ笑むスペインのひまわり畑。以前この仕事をとおして知り合いスペインにわたって永住なされた方に乾杯!空と雲とヒマワリの命の賛歌合唱団です。


ヒマワリは夏の代名詞。
ひまわりは太陽が大好きで太陽にいつも顔を向けてたくましく咲く花。
私もまた、8月生まれのせいか、太陽が大好きです。
太陽あってこその地球、太陽あってこその生命ですものね(^^)

ヒマワリの茎は茎にあらず、幹というのです。
確かに中には人間の背丈をはるかに超えたヒマワリもかなりみかけます。

私は震災の後にもひまわりを植えました。
できるだけ大地の浄化を早くしていただけるようにと・・・。
ところで、ヒマワリの種はこうばしくて美味しいですね。

皆さま夏をお楽しみくださいませ。
 

 

ページの先頭へ