ホーム>Dr.萬貴メッセンジャーブログ>健康情報>命あるもの全ては心の波動で影響しあっている
  • ホーム
  • ホリスティックバイブレーション・メディスンとは?
  • サロン案内
  • ブログ
健康情報

命あるもの全ては心の波動で影響しあっている

生き物は全て特定の周波数をもち、また、他の生き物の周波数の影響を受けて生活しています。私が心理学を習った昔、その頃の実験で良く紹介されていたのはサボテンでした。(命と波動のお話①)

下記は米国のバクスターという会社の実験結果です。植物は何も語りませんが、人間の波動の影響を受けている姿を如実に現わしています。
もし、これが家族間の心と考えてみてください。お互いに影響しあっている事は想像できると思います。ここに家族療法の意味があるのです。


わかりやすく説明しますと、同じ家に2つの異なる波動(これはある意味あたり前なのですが)が存在すると高い波動は下がり、低い波動はあがっていくのです。これは避けられない事実です。
長い間無意識下で行われていると高い波動の方はそのエネルギーを奪われ、身体にイライラなどの悪影響が出てきます。また、低い波動の方は奪う相手の波動が不足してくるので、益々落ち込み、逃げ場がなくなり、つまり心が病んでいくのです。高い波動の方は低い波動から離れればいいのですが、家族となるとそうはいきません。その低い波動がお子様だったら尚の事ですね。
私の行う家族療法は、こうした場合、お越し下さるクライアント様、主に母親が多いので、母親の波動をもとに戻し、そして高め、その高い波動をもってお子様に影響を及ぼすようにして行って成果を高めています。
ですから決して霊的不思議現象ではなく、心という見えない世界とはいえ、科学的に成り立つ分野で家族の再生が行われているのです。

 植物実験.bmp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.i-quest.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/101

ページの先頭へ