ホーム>Dr.萬貴メッセンジャーブログ>ヒーリング(命の癒し)>生命と波動の身近なお話
  • ホーム
  • ホリスティックバイブレーション・メディスンとは?
  • サロン案内
  • ブログ
ヒーリング(命の癒し)

生命と波動の身近なお話

ベンジャミン.JPG
植物は波動をキャッチするという体験のお話②です。
これはカウンセリングルームの廊下の窓際におかれたベンジャミンです。購入して約15年、カウンセリングルームの波動をあげてくれています。
ところで、彼は以前は彼女との二本組でした。彼らの居場所はカウンセリングルームでした。3年も経つとカウンセリングルームの天井を突き抜けんばかりに葉が豊かになりました。
カウンセリングをしながら彼らを見るたびに<葉をきらなくちゃ・・・>と思い続けていたのですが、忙しさにかまけて葉を切ってあげることができませんでした。それから3カ月くらいしたでしょうか。すると彼女の方が枯れだしたのです。
とってもとっても私は悪かった。。。とわびました!
でも枯れる方向は止まりそうにないのです。
それで
それでお詫びと同時にお願いし、二本をまきつけて一本にして命を留めることにしました。右の方の幹をご覧ください。そのまま伸びてくれているのがわかりますか。写真には映り込めていませんが、上の方はたくさんの葉で覆われています。二股に枝分かれしている左の方をご覧ください。これが彼の本当の姿の幹です。
 
その後は枝を切る必要が出た時に<枝が伸びてきたので切っていい?どの枝を切るといいかな?>と声をかけ、許可してくれた枝をきるようにしています。彼らは私とともにこの15年過ごしてくれた大切な友であり、地球の仲間です。
 
追加のお話
左の木は椿です。3年前のことです。ビルのメンテナンスがあり、ビル中の廊下が壁を塗るための薬剤で一週間ほど覆われた時期がありました。鼻を突き抜ける臭いに私たちは避難しましたが、彼女は避難できませんでした。後でそれに気付き、中に入れてあげたのですが、やはり傷が残り枯れ始めたのです。いろいろ手当をしてあげて昨年一つ花をつけてくれるまで回復しました。)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.i-quest.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/102

ページの先頭へ