ホーム>Dr.萬貴メッセンジャーブログ>天からのメッセージ
  • ホーム
  • ホリスティックバイブレーション・メディスンとは?
  • サロン案内
  • ブログ

天からのメッセージ

天使がハートをくれた?

スパームーン.bmp

この写真は説明にあるように昨年のスパームーンの時のデジカメ写真です。手触れかな・・・とは思うのですが、ハートがいいでしょ!

いくつか撮った中の偶然の一枚。
されど必然の一枚というところでしょうか!

実は天使から
『一枚素敵なもの映っているから見てね』
と言われていたのです~。

 

 

心を開き天に!天使に願いを!

思えば私がこの仕事を始めた頃、随分と天使のお世話になっています。shine天使は光存在と書きましたが、知らず知らずに私は昔から動植物と会話していたのです。その時の会話も言わば天使の集合意識からくるものでした。

3年ほど前グループでお伊勢参りに伺った折にこの話をしたら、お伊勢さんの神馬と会話した方とか、horseそこに放たれている鶏と会話した方とか・・の体験をしていただいたのを思いだしました。

また、昨年暮れのヒーリングセッションでは、大変大天使にお世話になったのです。大天使とともに今年はヒーリングの仕事をしようと宣言する時と感じています。マスターである聖マリア様もお喜びなさっておられるのを感じています。

ところで、天使の第一人者ドリーン・バーチュー博士・最近アトランテスからのご縁を感じる博士からの言葉をここにご紹介しておきます。

 「物質世界においては、一つの分野に秀でた才能をもち、同じ道を志す人々にアドバイスや助言を与える人を指して指導者と呼びます。天界からの指導もこれとよく似ていますが、物理的に面と向かって教えを請うことはできません。

しかし、誰でも天界に住む著名な人々、また、優れた知識や技術を持っている人々から指導を受けることができます。・・・略・・・・心を開き、素直な気持ちをもてばそれでいいのです。

これは神や天使についても同じことが言えるのです」と。bell

 

光りの医師団の長.ミカエルに感謝

大天使ミカエル.jpg

スピリチュアルDr.萬貴としての船出をいつにしようかなと思っていた時に天界の医師団長ミカエルから<ポジテブな思考がポジテブな成果を創る!>と背中を押されました。大天使ミカエルは医師団の長だということはそれ以前に知らされてはいたものの・・・。船出の勇気をくれたミカエルに感謝sun

今日は聖夜。天使との様々な遭遇を思い出していました。アトランテスの時も!今ここの世界でも!天使は様々な時に応援してくれており、光りを注いでくれている事を!

日々の中に生かされている奇跡の数々。クライアント様(感想の続きは1月になってから付け足していきます)がいただいた奇跡の中には身心の奇跡ばかりではなく、時計や洗濯機やPCなどもあったことを。

そして2014年1月より、大天使ミカエルを長とする三角形、ヒーラー(代表スピリチュアルDr,萬貴)サイコセラピスト(サーシャー まさとし)及び聖マリア様をマスターとする弟子萬貴子及び匡利という三角形、セントラルサンからいただく六芒星の光りの△となって聖なる目的に向かって奉仕貢献することを本日あらためて誓ったのでした。

 

目覚め!

銀河鉄道の夜.jpg

 目覚めるとは???

 ストロボロスの賢者・ダスカロスは、「自分は本当は誰であるかに気付くこと。それは現在の人格ではないのである。過去生を思い出すことを意味する。」と言い

普通三つの段階を経る【①潜在意識的に自分は前にも生きていたのでは・・・と感じる。 ② 夢のような形でイメージが頭に浮かぶ。 ③ 過去生の経験のいくつかを思い出す。】と言っています。

デジャブもその一つですね。私たちは、こうした様々な体験を経ることにより、魂の永遠性に気づき始めます。

お友達、ご夫婦、家族などなど、何らかの形で知り合った方々は過去生でも出会い、また、未来でも出会う可能性を秘めています。

私たちの魂は永遠の旅を続けながら、進化を続けています。楽しみな宇宙時代に突入しましたねhappy01

 

 

 

 

 

ワンネスへの帰還を果たすために

2013121812110.jpg
2013121812135.jpg

以前に某インド哲学の先生から「イエス様は瞑想修行にインドを訪れていた」と伺ったことがありました。

お釈迦様が、弟子のアーナンダに「500年ぐらい後に神が地上に直接お生まれになる」と語ったとも伝えられています。

【東洋は仏教、西洋はキリスト教・・・そんな宗教区別ではなく、宇宙絶対存在なる神(ワンネス)への帰還を果たすために、今私たちは皆魂の進化の旅を続けているのです。

大いなる神のご計画にそって、私たちは皆それぞれに縁ある神仏や精霊、天使とともに進化の旅を急速に進めようと私たちはしているのです。 そうでないと地球は滅びの道を選ばざるを得なくなるからなのです。By ラジエル】

ストロヴォロスの賢者への道

20131215141040.png

聖マリア様がミカエルをとおして「ヒーラー スピリチュアルDr.萬貴」と名乗りなさいとおっしゃったのが確か8月頃。今までの仕事はどちらかと言えばサイコセラピストが主であった。私に転機がやってきていることは承知だった。それが・・・今一つ決断ができずにいた。するとラジエルもメッセージを送ってきたし、今回はラフアエルとの遭遇を果たしたし・・・少々身辺があわただしくなってきた。

そんなおり、「メッセンジャー ストロヴォロスの賢者への道」という本と出会った。http://www.daskalos.jp/301lesson/index-magazine.html 

彼は、ギリシア出身のようだ。私もキプロス島は懐かしい所、過去生で住んでいたことがどうやら在るらしい。そういう意味でも縁がありそうで何故か懐かしい臭いがした。彼はダスカロス(先生)とも呼ばれているようだ。

彼は、数々の奇跡をなす第一級のヒーラーだ。イエスの愛弟子とも言えそうな方だ。彼を知るにはこの本「メッセンッジャー」から読むと良いらしい。読み進めて行くうちに私がサイコセラピストとして過ごしてきたこの15年間の体験。私自身が、クライアントを治癒させながら、何故あのような現象が潜在的な宇宙でおきていたのだろうか・・・と度々疑問に思っていた事が、すべて氷解していくような驚きを手にした。

そして次に、彼についてもう少し学ばさせていただこう、聖マリア様のご期待に必ず添えるようになる、そんな自信が自然に湧きおこってくるのを感じた。今私は宇宙からの呼びかけ「肉体はここにありて、意識は天にあり。それを光人という」を心から受け入れ、ミカエル霊団とともに邁進する事を決断をし表明したところだ。聖マリア様に、天に、神に感謝します。

 

セントラルサンからの光の証

2013128223827.JPG

私が天から<ターニャー>と声がかかったのは約5年ほど前。アトランテスの時<ターニャー>と呼ばれていたらしい事がその時わかりました。その後、太陽の娘という声もかかるようになり、それからは、セントラルサン(太陽の中心意志)に向かい、朝感謝の祈りを捧げるようになりました。

この画像は、今年の8月頃だったでしょうか。セントラルサンよりハートに光をいただいた後、地球に向かって愛と調和が広がりますようにとヒーリング波動を放出させていただいた後、朝の散歩に10分ほどしてから、帰宅する直前の我が家の前の画像です。奇跡の証を撮る必要がある時には<撮りなさい>と言う天からの声がかかるので、よくカメラ持って出かけます。

この日は、家目前で撮りなさいの声がかかりました!本当にいろいろな天の証の体験をいただいています。神は肉眼では見えません。何かの証で知らされて、私たちはそれを知ります。

<心と身体で体験した神の証、不思議な事、過去生の証などなど>をお伝えし、皆さまが勇気をもって魂進化に向けてお上りいただけるように背中を押す、ここに<天と地をつなぎ、東と西を結ぶ者>としての使命があるようです。お使いいただけていることに感謝してます。

 

ブラフマン(ब्रह्मन् brahman)からのメッセージ

2013112781644.png

朝方、瞑想中にブラフマンと名乗られる御方からのメッセージを受け取った。左のカードの中央がブラフマン、宇宙創造神とも言われておられる御方。

 

『目覚めよ。役割に目覚めよ。

<天と地を結び、東と西を結ぶ者として立て>

さすれば迷いは切れ、

守護される。

地球に降り立ちた本来の使命に立て。

日本にては陰陽師の家に生まれ、様々な加持祈祷もしてきた。

全て思いだせ。

その許可を与える。さすれば、すべてがかなう力とならん!』

今生、神がおられるという様々な体験をさせていただいたのだが、その体験とは3次元的な視点からみれば非常識はなはだしい。今一ふっきれない迷いがあった。それから抜け出すべき時が来ている。しばらくは個人的なメッセージもブログに掲載することから現生的仮面を脱いでいこうと思っています。

 

        ※ ブラフマンब्रह्मन् brahman)は、ヒンドゥー教またはインド哲学における宇宙の根本原理。自己の中心であるアートマンは、ブラフマンと同一(等価)であるとされる(梵我一如)。ウイキュペデアより。

 

 

花と天使の絵を描くと表明しちゃった


20131110104529.gif

先週のこと。車を運転しカウンセリングルームにつこうとしたら<絵を描きなさい!>というメッセージが・・・・。

でも、それは私に対してではなく、我が家の子供三人(男子)とも芸術家肌に育ててきてしまったし、その息子たちの誰か・・・とりわけ、最近スタッフに加わった三男かなと思ってた。

三男は幼い時から神秘体験しており、「僕の背中に羽が生えているから見て!」と小学生の時言っていたくらい。過去生からミカエルとはかなりの縁ともわかっていたし・・・。

 

でも、彼ではなかった。どうやら私。絵は好きだが最近描いてもいなかった。そこで、顔彩を押し入れから出してきて洗った。日本紙も買った。ちなみに書いてみた。わくわくした。

 

題材は<花と天使>のようだ。左記のミカエルはPC画像からお借りしているが、いずれミカエルを描いてみたいなと思っている。

描けるかな?と天に聞いたら<降りてくるから大丈夫>とのこと。

まずは表明!表明は宇宙への決意表明だから。

 

ページの先頭へ