ホーム>Dr.萬貴メッセンジャーブログ>潜在意識
  • ホーム
  • ホリスティックバイブレーション・メディスンとは?
  • サロン案内
  • ブログ

潜在意識

悪想念が蛇の形になることもある(潜在意識②)

「悪想念が蛇の形になる」ストロヴォロスの賢者の道にこれがあった時、私は、あるクライアントとの体験を思い出し驚いていた。

10年ほど前の体験だったと思う。その頃の彼女は、私の所へ来る度に<蛇>が寝室で見えるとか、庭先に蛇が青い光りを放って見えるとか言っていた。これはもちろん3次元の蛇の話ではない。私が、彼女の神経症と取り組んでいた時のことである。様々な援助をすることによって彼女の症状は治癒の方向へと誘われていった。

ダスカロスは、邪悪な想念を他人に対して抱くとき、そのエレメンタル(想念)は蛇の形をとるといっているのだ。しかもこれはハートから想念を送り込もうとする相手に向かっていき、その人のオーラーにくっつく。しかし、最終的にはそのエレメンタルは作った本人に戻っていく。

戻るときには大蛇となって戻ることが多く、出した本人はその時、心臓が締め付けられるようになることも多々あるという。与えるものは良いものであれ、悪しきものであれ、7倍になってかえってくる、どうやらこれも宇宙の法則らしい。そういえば、その頃の彼女は左目と口がゆがんでいた事を思い出した。

こうしたエレメンタル(想念)は、肉体が寝ている夜にさまようことが多いので、寝る前に自分を嫌っていると思われる方に<愛の想念>を送ると心を静めることができるとダスカロスは言う。

私も常々この祈りを進めてきている。愛の想念は、敵の武器を奪ってしまえるのだ。すると夢の中で苦しめられるようなエレメンタルに遭遇しないですむようになる。それどころか、良き想念は良き波動となって、いつか、必ず、本人に7倍になってかえってくるのだ。

 

努力逆転の法則とは・・・

2013111311222.jpg

エミール・クーエから潜在意識についての一考です。

◆努力逆転の法則

頑張れば頑張るほど、その努力とは反対になるという不思議な法則・エミールはこれを不変の法則とも言っております。

1.意志力と想像力(イメージ)が相反した場合は想像力(イメージ)が勝つ。

これは潜在意識の力を指しています。

潜在意識はパワーハウスと米国では呼ばれてもいるようです。しかし、潜在意識には、良し悪しの区別はないのですが、パワーは凄いもので、心の病の原因でもあるのです。

どんなに表層意識(左脳が主)で○○になりたい!とか○○が良いと思ってみても、潜在意識がその反対の思いをもっていると潜在意識のパワー(想像力)が勝ってしまうのです。

ここには過去生からの感情も入力されています。いわゆるカルマに関係もしてきます。できなかった思いが、人生の課題とした感情も入力されているのです。

そこで、ここ、潜在意識をクリアにするか、あるいは良い思いを諦めずに入力し続けるかしない限り、努力が報われることはなく、ポジテブ思考を左脳中心でいくら頑張っても、その現実化はしないのです。

若い頃にナポレオン・ヒルの<思考は現実化する>という本を頑張って読みましたが、私もこの潜在意識のマイナスパワーにその頃は負けた1人です。                                                           その結果、潜在意識というものの働きやどう対処すべきかを知ったのですから、お陰様ですネlovely

潜在意識を味方にすると人生は確実に変わります。                                              潜在意識をクリアにし、ポジテブパワーを潜在意識に入力し、より良き人生を歩む味方がインナークエストです。

更にエミール・クーエは下記2つを潜在意識のパワー理解のために付加しております。

2.意志の力で「努力すればするほど」想像力(イメージ)は強力となり、その意志の努力とは反対の結果なる。

3.意志力と想像力が相反した場合は想像力の強さは意志力の二乗に正比例する。

頑張りすぎる左脳は疲弊していきますね。リラックスし、ゆとりをもった方がよき引き寄せが始まるという事も頷けていただけることではないでしょうか。

 

 

幼い時の思い出に魂の声あり(潜在意識①)

 

20131024112116.bmp

  幼い時から私は百合が大好きだったことを時々思いだします。

ニックネームを百合とかリリーにしたいと空想にふける少女時代を

過ごしていました。

百合は聖書にしばしば登場する花。ジャンヌ・ダルクの旗印もユリ。

聖母マリア様の象徴もユリ。

 

ところで、我が実家は仏教です。養子に来た祖父の家は神道です。

上記のような事は誰からも話などでていない・・影響は誰からも受けていないはずなのです。

無意識のうちにそうした思いが発露していたのだと後年になって気づいたものでした。

幼い時の魂は、生誕前、天界での思い出のエネルギーが高く、

魂の声をこのようにのぞかせることが多いのです。

貴方の前世からの課題のヒントも出ているとおもいますよ。

お時間のある時に幼い時のことを少し振り返ってみるのもいいのでは・・・。

それではまた。皆様の愛と幸せを祈って。

 

 

ページの先頭へ