ホーム>Dr.萬貴メッセンジャーブログ
  • ホーム
  • ホリスティックバイブレーション・メディスンとは?
  • 魂が求める人生コーチって?
  • サロン案内
  • ブログ

Dr.萬貴メッセンジャーブログ

こちらでは、天からのメッセージや日頃感じる流れ・気づき
更に皆様から受け取ったの代弁など、肩をはらず楽しく書いていこうと思っています。
感想大歓迎です。
質問・感想などありましたら、メールにてご遠慮なくお送りくださいませ。
Facebookの<命の癒し・光りの道>では今までに読んだ本を参考にしながら
それに対する私の考えを中心に書いています。ぜひそちらもご覧下さい。

 

スタッフのブログ『気まぐれヒラメキ日記』はこちら。

 

愛の力が益々必要な時代に


            天と地と・・・.bmp  
人は皆天と地をつなぐ者として生まれた。
誰も一人ということはあり得ない。
 
しかしながら人は、目に見えるもののみ頼りにして生きてきた。
ようやく21世紀となり、心と天は繋がっていると気付く者が増え始めた。
 
その思いの者には天が味方し、そうでない者との差が生まれ始めている。
だが、そうでない者に対して裁く事はしてはならない。
愛は永遠の命をはぐくむものとなる。
 
それが東と西を結ぶのだ。
 
すべからく愛をもって望もう!
愛は命そのもの。
愛は事件性すら薄らがせ去らせる大きな力となる。
 
愛の力が益々必要な時代となってきた!
 
愛に命を拭き込められるのは貴方がたひとり一人の心がけ次第。
戦争への抗いは脚元の火を消すことから始まるのだ。 By ラジエル
 

 

イメージ療法も引き寄せの法則!

アルフアベット.jpg

K子さんからのメールのご紹介です。メールありがとうございます。益々息子様の深層に持てる力が表に出てきましたね。おめでとうございます。

彼女は最初、中学生のお子様の不登校で悩まれてお越しになられた方です。
不登校で来られても、多動性に問題を持って来られても、サイコセラピーカウンセリングでは、ご主人の事やご先祖様の事、時には墓参りの事まで実行していただくことが多々あります。
何故かと言うと、それは透視すると波動で皆繋がっているからなのです。


私は、息子様には一度もお会いしたことはありません。それだけにK子さんの場合にも他のクライアント様同様に様々なお願いをし、実行をしていただきました。
素直に実行してくださった方々は皆勝利します。何故なら私個人の判断で申し上げているわけではなく、私は、神仏の御声の代弁者だからなのです。
こうして見えない世界を含め、家族の波動を変えた結果、不登校は解決。高校進学も無事果たすことができました。

しかし、次の問題は、勉強に身が入らない、英語が特に・・・という状態でした。
K子さんは【息子に○○に問題があるから早くこの○○を変えよう】という結果主義からとうに抜け出しており、お子様にを持って寄り添う事の大切さを学んでいました。
こういう心の状態になるとイメージ療法が有効になります。この<イメージ療法>も言いかえれば引き寄せの法則なのです。 萬貴

 

bud loveletter
★ こんばんは お世話になっております。私のイメージの件ですが、小学一年生頃に母子で英語のゲームを楽しんだり、友達を少しずつ加えたりしなから笑いっぱなしの時間をイメージしてきました。とても軽くイメージしやすかったです。ありがとうございました。

息子の件ですが、先週土曜日にお気に入りのラジオ番組で、自分の投稿が読まれ大喜びしていました。その余韻なのか、今日の夕方、「3日続けて机に向かっている。」と、報告してきました。おそらく宿題でしょうし、数分の事かもしれませんが、進歩だと感じました。 6月17日

★ こんにちは お世話になっております

数日前、息子は英語の授業で指され答えられたと、さりげなく嬉しそうに報告してきました。「予習してたところだったし。」とも。予習どころか教科書を手にした姿も見たことないので驚きました。 6月27日

 

ヒマヤラの青いケシの花と満月

  
          青いケシの花.JPG
本日2014年7月12日、20:24。山羊座の満月です。今空を見上げたら朧月でした。チベット暦では阿弥陀如来さまの日を示しているのだそうです。チベットにも青いケシの花の群生がたくさんあるそうです。何としても幻想的な花ですね。(余りに素敵だったので、ヤフーからお借りしました。ありがとうございます。)
 
 

 

ありがとうございますの波動の力

天空の草原とポピーと.JPG
台風はようやく関東を抜けてくれました。埼玉は被害も少なく過ぎましたが、各地には大変な被害も多く、お見舞い申し上げます。
ところで、天の気、地の気は地球という大地が起こすこと・・・・<何事にもありがとうございます>はこういう時にも必要なことなのですね。

私は、本日生まれてはじめてのような休息をいただいています。個人、家系、集団のカルマに関わる方の援助を終えて、次元が変わるということはこういうものなのかということを体感させていただいています。ありがとうございます。

人は個々人それぞれ・・・・。今生までの生き方も、人生の目的も、課題もそれぞれ・・・・。
誰一人として批判の対象にはならないのですが、中々そうもいかないのが人間の業。
そんな時にもすごいツールが【ありがとうございます】です。
 
<ありがとうございます>は、ある時ある市町村役場に用事で行った時にも耳にし、また携帯の交換にも行った際にも使用されているのを耳にしたというように、今では、かなり企業でも採用されていますね。
しかし、企業マニアルで言わされているのだろうと思うのですが、時には、日本語の会話の文章にそれをはさむのはおかしいだろうと思うようなタイミングに<ありがとうございます>を入れられると、会話の流れが遮られるようでイライラするのは短気な私だけでしょうか?
(この短気さも実は修業の対象になってまして・・・・今は御蔭さまで短気でなくなりました。ありがとうございます(^^)
 
ここで言う<ありがとうございます>は感謝の波動のお話。車の中とか人知れずの中で日々回数を重ねると、好転反応(だるいとか悪夢を見るなど)も起きてきます。それを諦めずに実行していくと、いつか<嘘!>と思えるような奇跡にも遭遇します。

但し、この体験は人それぞれ、すぐに表れる方と一年後の方と2年後の方と・・・・・。でもいつか必ず起きる奇跡moneybag
それは何故か!人の転生も思考も、今日までに過去生から重ねてきたマイナスの重さも・・・・全部違うから、表れる時も違うのです。
素直に実行する方の勝利あるのみ(^^)sun
 

 

日々を愛して心はばたいて・・・

ハスの花.JPG
初夏になりA子さんどうしておられるかな・・と思っていた矢先、お願いしていた感想をいただきました。ありがとうございます。7月ハスの季節です。この写真は伊佐沼のハスです。ハスの花は仏様の慈愛を示してくれる花、泥土の中から咲く花です。種は3000年こえても復活してくると言われている花です。A子さんにheart04A子さんのボランテア精神は素晴らしいものです。どうぞこの力を更に培って皆さまのために役立てていってくださるように祈っています。それは自分への愛が始まりです。数秘8をもつA子さんのこれからの活躍を楽しみにしてま~す。
fuji A子さんより
【ご無沙汰しております。返信が遅くなりすみませんでした。落ち着いたら、落ち着いたらと思い日々過ぎて行くのが速いです。
 
わたしは、離婚するべきかどうか、悩んでいて、先生のところへ行きました。旦那の方が悪いんじゃないかという思いがいっぱいで、わたしは悲劇のヒロインでした。旦那との問題とは別に、わたしは自分の思考のネガティブや女性であることにも否定的だということにセッションをとおして気づかせてもらいました。
色々落ち着いてきたころ、この離婚問題は私が独りよがりに作ってきたことなんだなと気付くようになってきました。この世に ”〜ねばならない”はないし、良いも悪いも自分の中の常識だけでつくってきたことだったのだ・・・それでいてこんなに一生懸命彼につくしてきたのに、何故わかってくれないの・・と思って泣くばかりの私だったなと・・・。
 
親のように怒りの人にはならないと思い生きてきたのに、わたしは親と同じことを旦那にしていたこと。わたしは、女性というものを否定し自分のことが好きじゃなかった。自分で自分を認めてあげられていなかったこと。たくさん息苦しいなかで、自分をがんじがらめにしてきたのも自分でした。
今はよくがんばってきたねと自分を認めてほめてあげたいと思えるようになりました。
離婚という結果になりましたが、これで良かったんだとも思っています。社会に出て働き、一人暮らしをはじめ、何もかも自分のとらえ次第だなと思えるし、わたしはわたしでいいんだと思えるようになり、心はとても自由でいます。今は楽な気持ちで生きれているなと思うし、色々ありましたが、今ありがたいと思い、日々を過ごさせてもらっています ‼︎ 
 
萬貴先生に出会えたことは、わたしの人生のとても大きな宝物です!時折、ブログなども拝見して、パワーを頂いています。分からず屋で、先生も困り果てたクライアントだったと思います。最後までわたしを見守ってくださり、本当にありがとうございました。暑い夏を迎えます。お身体ご自愛ください。A子】
 
 

天に向かいはばたくことは地を大切にしてこそ実る

羽ばたき.jpg
おかげ様で本日1914年7月3日、〔天と地を繋ぎ東と西を結ぶ者〕として立つための式典を執り行うことができました。
 
天と地を繋ぐとは
天すなわち宇宙、太陽神、日本では天照大御神の御心をメッセンジャーとして地に告げるお役目。すなわち命の尊さを知り魂からの健康へと誘う光りのヒーラーのお役目。
 
また、東と西を結ぶとは、
東に魂が生まれた時に導いてくださった八百万の神々、聖観音様やお不動様等、
西に生まれていた時に導いてくださった聖マリア様や大天使の方々等に
今、応援をいただいております。
 
そして、クライアント様の依頼内容に応じてご対応の神仏の皆様からのメッセージが降りてきます。それをお伝えし、ご助言するのがスピリチュアルDr.萬貴でありヒーラーまさとしの役目です。
地球は命そのもの、地球はひとつ
人種や宗教とは無関係、だからこそ、東に西にとたくさんの応援マスターがおられるのだとつくづく納得いった本日でした。
そして改めて一倉から〔一の倉〕へと上昇を許された式典でした。

振り返れば
私の実家も嫁ぎ先も心身が弱く、私がこの道に入るきっかけは嫁ぎ先の義兄の癌でした。彼の癌との戦いは壮絶なものでした。彼は40代という若さで逝きました。
その頃までの私達夫婦は、人もうらやむような仲の良い夫婦でした。
しかしながら、義兄の死後、何かよからぬことが起きてくると直観し、恐れました。
まさしく家系のカルマにつ気づき始めた時でした。
その頃は家系のカルマといっても理解されることなどなく、まさしく変人扱いでしたが、子孫である子どもたちを救いたい一心での人知れずの研究でした。

おかげさまで20歳で他界の可能性のあった長男は、今は家庭を持ち、子どもにも恵まれて平穏な毎日を送れております。次男は嫁ぎ先の義父に血液型ばかりでなく、性格も似ているためか・・・アレルギー、魚鱗癬、胃潰瘍と患い、長い闘病生活の中、なんとかマンガ家としてくいつないでいた状況でした。しかし、大転換がおき、今は心から健康になり始めております。
 
大転換の変革が起き、3次元の一倉から5次元の天の倉・・・一の倉として子どもともども天命を受け、改めて地球の未来をになう皆様の子孫繁栄、健康笑顔のお手伝いに大きく漕ぎ出せという指令を受けての式典でした。
今後ともども皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

 

夏越の祓(なごしのはらえ)

30日に夏越のはらえに参加させていただきました。人形に氏名を書いて神前にて払っていただきありがとうございます。茅野輪くぐりは今日まであります。明日から本格的に2014年の下半期が始まります。

 茅の輪.jpg

雨季特有の雨だけでなく、氷も降る珍しい6月でした。そうした地域の方々は大変だったこととお見舞い申し上げます。

まもなく2014年の上半期が終わりに近づいてきました。6月30日はその上半期の日々の穢れを払う大払いとして各地の神社では夏越の祓(なごしのはらえ)が写真(大宮氷川神社)のように行われるようです。

別名茅の輪くぐりとも呼ばれて親しまれてています。
この時期に神社参拝するたびに<夏の一番の風物詩だわ>と涼やかな気になってまいります。ありがとうございます。
30日の午後2時よりの払いの式がとても楽しみです。

CF

701年(大宝元年)の大宝律令によって正式な宮中年中行事に定められ、この日には、朱雀門前の広場に親王大臣(おおおみ)ほか(みやこ)にいる官僚が集って大祓詞を読み上げ、国民の罪や穢れを祓ったのが始まりのようです。

応仁の乱の頃から行われなくなったが、江戸時代1691年元禄4年))に再開され、次第に広まったとされています。

 

 

結婚の赤い糸の援助は誰が・・・

結婚式.jpg
<6月の花嫁>はジューンブライドと呼ばれ、この月に結婚すると幸せになれるという事から今では結構6月の結婚式が人気なのでしょうか。
ジューンブライドの最も一般的な説は、ローマ神話に出てくる女神ジュノーの月が6月だからというもののようですが、この時期の欧米は通常より晴天続きであることも関係していたようです。それに反して日本の6月は雨期。文化や気候の違いの表れで以前は6月に結婚式をすることは少なく、多分結婚式場は一番空いていたことでしょう。
 
ところで、日本の【結婚】には、今でも○○家という表示を式場で良く見かけます。
この仕事をするまでは,【カップル個人の名前でもいいのでは?】・・・なあんて私は考えていたものでした。ところが、あるクライアント様《私との出会いのきかっけはうつ病でした》。そのお嬢さんの欝がよくなってからは、結婚のことや就職の相談に見えておられました。
この方が久しぶりにお見えになった時、結婚しますという朗報がもたらされ感激いたしましたが、その時。彼女の報告と合わせて相手方の先祖の守護霊がおでましになって
「以前にこの娘さんの御父上にお世話になったことがありまして、今度は私どもがこの娘さんを○○家のお嫁にさせていただく所存で口添え致しました」とおっしゃるのではありませんか!

それから、私は結婚の縁もまた、先祖も含めたおおいなる世界と繋がっていることを知りました。これがいわゆるグループソウルというエネルギー波動の世界を知る始まりになったのでした。見えない世界とこの現生、実証界と想念界の繋がりは世界の見方を変えてくれました。

本日のこの紙面をとおしての出会いに感謝いたします。ありがとうございます。
 
 
 

 

子供を叱る?怒る?どっちかな。

海岸の親子.jpg
子供を叱りにくくなった学校という話をニュースキャスターが昨日の朝方に話していたのを思いだしました。
叱ると怒る(おこる)の違いはどこにあるのでしょうか。
先生も親ごさんもこの違いを認識するのが大事だと私は思っています。
 
【怒る】は、自分の感情に支配された言語です。
【これをしてはいけない!あれをしてはいけない!そんなことだから・・・・駄目なんだ!】自分の感情にまかせて子供に言い放つことです。そしてしまいには怒りの感情に支配されて手をあげてしまうことです。ここにあるのは怒りの波動です。相手を怒りの波動に巻き込むだけですから、いろいろな騒動が起きてくるのは当然の結果なのです。
 
【叱る】の根底には【子供の未来のことを考えた愛情】があります。
ですから怒りの感情に支配されません。やさしく諭すように話すこともできます。この時の波動は愛という光の波動なのです。仮に子供がきく耳をかさず、手を上げざるを得なかったときでも・・・愛の波動は伝わっているのです。この心のもつ愛の波動は必ず通じる時がやってきます。

心が何で支配されての出来事なのか!ここが、躾の見極め、一番大切な事です。
つまり【相手への愛の思いなのか、自分の怒り優先なのか】
親や先生が抱くこの心の違いが、子供の教育の未来のカギを握っていると言えます。
 
たくさんのお母様方がこの基本に立ち返り、様々な症例は癒えていっております。
モンスターペアレンツやテイチャーからはモンスターしか生まれません。心に愛の光を いつも願っています。
 

天の気に、龍にありがとうございます

龍の雲のサムネイル画像
天候と龍(この写真は鳥取砂丘から撮影しました。尾の方も別写真で撮影してあります)には大いなる関係があるようです。
今日から関東は梅雨に入りました。川越も朝から時々小雨模様です。

私は、柏葉アジサイ(赤いリボンをつけて玄関に飾るのを2年間ほど続けています。この件は後日に)を探しにあちこちと出かけたのですが、あいにく見つからず諦めて買い物して帰路することにしました。
生協に近づく頃には更に雨音が激しくなってきたので、さて傘あったかしら?と話しているうちに生協の駐車場に到着です。

ですが、ドアをあける寸前にピタッと雨は止み、傘いらずでのお買い物が・・・。買い物済ませて車に乗り込んだら、それを待ってくれていたかのようにすかさず雨が降り始めたのです。家に到着すると、また雨は止んで濡れることなく家の中へ。

私は何度となくこういう体験をさせていただいているのですが、ここまでぴたっとなったのは・・・・何年ぶりでしょうか!
ようやく家系のカルマの喪が本当にあけたのだという実感をいたしました。
 
雨が降っても晴れても土砂降りでも一切天候にたいしてネガテブにならないこと・・・天気は天(宇宙・神)の気だから・・・ということを時々お聞きしますが、まさしくそうですね。今日もありがとうございます。

 

 

ページの先頭へ